2007年09月09日

『ニライカナイ 神の住む楽園・沖縄』

『楽園』シリーズで有名な写真家の三好和義氏ですが、原点は沖縄にあるようだ。中学くらいのときからカメラもって沖縄一人旅をよくして、撮った写真が展覧会で賞をとったとか。そんな三好氏の楽園シリーズで沖縄を撮ったのがこの写真集。



首里城や、いろんな離島の美しい風景、砂浜、荒れた海、お祭りなど、うっとりする写真でうめつくされている。

実は、わたしのもっているのはこっちのDVDのほう ==> 三好和義 ニライカナイ-神の住む楽園 沖縄

写真と動画をかわりばんこにみせてくれて、バックには島唄、そして三好氏本人が、写真を撮った時の解説や沖縄とのかかわりなどについて語ってくれる。この解説のほうは消せるのだけど、彼のなんかちょっと徳島訛りの入った朴訥とした語りは、写真の雰囲気を壊さずによく合っている感じがする。

DVDだと環境ビデオ的に流しっぱなしにしておけるので、沖縄気分にひたりたいときは手軽で便利。
posted by ずぼらでgo! at 14:36| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 沖縄についての本・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54591209

この記事へのトラックバック

ニライカナイ 神の住む楽園・沖縄
Excerpt: 写真の美しさは言わずもがな。。。被写体もバラエティに富んでおり、キレイな写真の中からその匂い、空気さえも感じてしまうのは作者の被写体への愛情が成せる業だろうか?30年程前の土地と現代の土地の比較なども..
Weblog: 地球の歩き方を攻める
Tracked: 2007-09-28 04:08

写真家の旅―原日本、産土を旅ゆく。
Excerpt:  写真と文章で「原日本、産土」を追い求めたこの本は、この日本という地に生まれ暮す我々の心の中にある日本の原風景を呼び起こしてくれる。 人が押し寄せる著名な景勝地、よく知られた場所にこんな風景が潜んでい..
Weblog: 地球の歩き方を攻める
Tracked: 2008-01-26 20:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。